コンテンツ

安全への取り組み

管理体制・教育

ミーティング

ミーティング

毎月1回欠かさずに、社員全員が集まりミーティングを行い、前月の問題想起、ヒヤリハット事例発表などを行っています。

全員が顔を合わせて安全に対する情報共有、意思統一ができるという、小さい会社ならではのメリットを生かしています。

運行管理者指導講習

運行管理者指導講習

NASVA(独立行政法人自動車事故対策機構)が開催している運行管理者指導講習を受講し、事故の防止に向けた教育を行っています。また、新人研修としてNASVAの運転者適正診断を受診。

運転時の長所・短所といった「クセ」を把握し、適確なアドバイスをもらうことで、実際の運行時の心構えとして役立てています。

無事故賞

無事故賞

詳しくは「ご家族のみなさまへ」のコーナーをご覧ください。

ご家族のみなさまへ

装置

ブーム・アウトリガインターロック装置

ブーム・アウトリガインターロック装置

アウトリガ(足)を設置しないと、クレーンが作動しません。逆にクレーンを格納しないとアウトリガをたたむことができない、発進できないという、オプションの安全装置を装備しました。

2重ワイヤロープ止め

2重ワイヤロープ止め

万が一ワイヤロープが外れても2重になっているため、ワイヤが飛び回ることがありません。近年、お客様から「この装置は必ず付けてほしい」という要望が増えている、これもオプション装置です。

ドライブレコーダー

速度、ウインカーやブレーキの作動状況などを記録できるドライブレコーダーを全トラックに装備。

その映像は保険対応時の情報源となるだけでなく、事故になりそうな事例も映像として残るため、ミーティング時に活用しています。

デジタルタコグラフ

トラックの位置情報を知らせるだけでなく、速度、車間距離など、マルチにデータ収集できます。

アクセル、ブレーキ、アイドリングなどの情報から、運転時の評価点を付けることも可能で、月間の優秀者3名は表彰され、クオカードがプレゼントされます。