コンテンツ

こんな会社を目指しています

地域No.1の「ユニック輸送」企業が目標

ワイズラインは大阪、兵庫など、関西を中心に、ユニック車による近・中距離の輸送を得意としています。8トンクラスのユニック車の所有台数は、姫路・加古川エリアではナンバーワン。

今後は3トンクラスの小型ユニック車両の台数を大幅に増やし、さらには15トンクラスの超大型ユニック車両の導入も検討しています。車両数は、現在の20台からこの秋には30台へ、将来的には50台へ、増強を図りたいと考えています。地域のユニック輸送の問題は、すべて解決できる。これが当社の一番の目標です。

単なる輸送にとどまらない、スペシャリスト集団

ユニック輸送は、運んだらハイ終わりの輸送とは違い、現場でのクレーン、玉掛けなどの作業を要求されます。単なるドライバーの枠を超えたプロのテクニックが必要なのです。当社のドライバーは全員、クレーンと玉掛けの有資格者です。スペシャリストの誇りを持って、さまざまな状況の現場でいろいろな作業に従事しています。

今後もプロのドライバーをどんどん育成し、「ユニック輸送ならワイズライン」という定評を高め、規模を拡大したいと考えています。

やる気のある「未経験者」「女性」を応援

「ユニックドライバーって難しいんでしょう?」と考える方は多いかもしれません。ワイズラインはそのような初心者のやる気に応える準備ができています。初期の横乗り指導体制は万全で、数ヶ月で徐々に仕事が任されるようになります。大型免許はもちろん、クレーン、玉掛けなどの資格に対しても無理なく取得できるサポート体制も用意しました。

また、2017年の秋期以降、午前8時スタート、午後5時終了の輸送発注が大幅に増える見込みです。この時間帯ならばお子さんをお持ちの女性の方にも無理なく働けるのではないでしょうか。パートでは物足りない正社員としての報酬、保険を利用して頑張りたいという、女性への支援も惜しみません。